平穏に暮らせること

先日、薬局に薬をお願いして取りに行った時、
薬剤師さんが「この病気はがんばりやさんがかかることが多いのよ。あなた無理してない?
無理しちゃだめよ!」とやさしく言ってもらいました。

その時は、「大丈夫です!」と笑顔で言いましたが、帰り道涙があふれました。

日ごろ、自分を認めることができなくて、いつもダメだダメだと思って生活しているので。。。
そうして優しい言葉をかけてもらったことがうれしくて。

最近、あまり病気について考えないようにしていたのですが、こうして平穏に過ごせることは当たり前ではないことを改めて感じました。

もう11月も半ばで、今年ももう少しですね。
日々忙しい事と思いますが、お体ご自愛下さいね。

パソコンになかなか向かえませんので、しばらくコメント欄はお休みします。
[PR]

# by kosumosu0824 | 2010-11-11 17:29 | 日記

膝のこと

7月下旬に膝を痛めたことを書きました。

今も週に1回リハビリに通っています。
整骨院→整形外科→違う整形外科の流れで今の整形外科に通っていますが、この病院に出会えてよかったです。

膝はとても複雑で、炎症が起きたら膝は負担のないようになっている。私の場合、少し曲がったような状態でした。が、体にとって負担のないようになっていても、階段などで負荷がかかるとまっすぐでないので違う負担がかかり、より炎症を起こすそうです。
水がたまるのも意味があってたまり(炎症を抑えるため)、炎症が治まったら自然と吸収されていくそうです。

その整形外科に行った時は、まだまだ足は腫れて水も溜まっている状態でしたが…
レントゲンをとると骨には異常がないので、リハビリだけでいいでしょう~ということで始まりました。

足の状態をよくみてくれて、施術はもちろんしてくれるのですが。
状態に応じて、家でできる体操とか教えてくれて一緒に治していくというスタンスです。

先日、だいぶんよくなって目標の「階段の上り下りをスムーズにできるように」は
一応クリアーしたので「3~4時間の立ち仕事ができるように」の目標でリハビリを継続することに
なりました。
膝は、一度痛めてしまうととっても時間がかかります。薄皮をはぐように治療と毎日自分でする体操とで少しづつ治っていくようです。

リハビリをしない場合、根本の炎症は時間がたてば治るけれど、炎症が起きた時に膝に負担がかからないようにと曲がった部分はそのまま固まり、膝は曲がったままでしょう~と言われました。
けがをして3カ月がたちますが地道にリハビリに来て良かったなぁ~と思いました。

それと、あなたは膝の前の部分が弱いので立つ時に重心に気を付けた方が良いとも言われました。
今回、怪我をしたことは大変だったけれど、何もなくても歩き方や立ち方で今後膝を痛めていたことでしょう。
年をとってから気がつくのではなくて、こうして怪我をしたことで日ごろ気をつけることや弱っていた足の筋肉を鍛えることに気づいて良かったと思います。

起こりうることは必要なこと。病気や怪我ももいろんなことを見直す信号なのだなと改めて感じました。

最近、哀しいことがありほんとに落ち込みました。
現実を受けいれなければいけないことがある。現実は厳しくつらく哀しい。。。
一生懸命に生きることとは。何なのか?私はどう生きるのか?考える日々です。

皆さんがハッピーな気持ちで日々過ごしていけますように。祈ります。
[PR]

# by kosumosu0824 | 2010-10-30 12:06 | 日記

久しぶりに編み物♪

父からのリクエストでベストを編むことになりました。

父には、昔昔母が編んだカーディガンがあり、父はよく着ていました。
そのイメージがあったので、懐かしい色のグリーンの毛糸を選びました。

d0147502_21594859.jpg


久しぶりの編み物で、まずはゲージ。
もくもくとする編み物は、癒されます~

もともとの私のハンドメイドの原点は編み物です。
小さい頃のことや父の事、母の事を思いながら、
ひと編みひと編み編むのが、今の私のストレス解消になっています。
[PR]

# by kosumosu0824 | 2010-10-15 22:04 | 日記

仕事始め

10月1日から仕事が始まりました。

私の仕事は、病院でドクターについて補助をするお仕事です。
ある難病を専門に研究されている先生で、外来の時のみ私が付きます。

初日は、場所把握や手続きなどでそんな大変ではなかったのですが…
月曜日が初の患者さんを迎えての仕事で、大変でした。

午前中の診療が、3時から4時までかかります。それもちゃんと予約されている患者が主で、難病ということもあり、遠くから来られている方がほとんどで話を聞く時間も長く。

全く休憩なしで、9時から3時まで立ちっぱなし…
水も飲めず、トイレにも行けず。。。が、先生も同じだし最初なので私もわからないまま、あっという間に時間がたちました。
仕事自体は、慣れれば大丈夫そうなのですが、案内以外はずっと立ちっぱなしがしんどくて。

帰りの買い物の時に、足がつってしまいました。
それもふくらはぎの方ではなくて、膝から下の前の部分全体。
歩けないぐらいつらくて、それが10分おきぐらいに強い痛みが襲ってきます。(筋肉のけいれん?)
なので、休み休みやっとのことで家に帰りつきました。

しばらく休み、お風呂に入って足をマッサージしたり、お灸をしたりしていたらなんとか落ち着きました。こんなんで仕事つとまるのかな…1日でギブアップなのかな??と気分はどんより。。。

今まで、ゴロゴロの生活も多かったので足も弱っているだろうし無理したんですね。
ネットで調べたら水分もとらないと血中濃度があがり良くないということもわかり、水分を全くとらなかったことも原因のようでした。

翌日も仕事でしたが。前日と同じでは今後仕事は続けられないと思い。
先生に昨日足がつったことを話し、用事以外は椅子に座ることを許可してもらいました。
先生は、基本やさしくて穏やかなので良かったです。

途中、先生にドーナツの差し入れをして下さったやさしい患者さんがいて、
「先生、お昼もまだなんでしょ。ドーナツどうぞ~って」
先生と半分こして、そのドーナツを食べました。ほんとは差し入れなんてダメなんでしょうが、やさしさが心にしみました。

昨日は、ほとんど座っていられたのでほんとに楽でした。
水分もこまめにとり、先生にも水を出したりできました。
この調子だったら続けられそうです。

ここ数年、患者でいる立場が長かったので迎える医者側に来てみると、現場の大変さがわかります。
長い待ち時間も医者は悪い感じつつ、しょうがないな…と。
患者さんの訴えることがそれぞれあり、時間がいくらあっても足りない状態です。
お待たせしてすみませんという気持ちが先生にはあるし、できる範囲で聞く姿勢は頭が下がります。

私自身は、看護士や医療事務の資格などはありません。でも、若い時に数年看護助手の仕事をしていたことがあり、患者と多く接してきました。
自分も病気歴があるので、前より少しではありますが気持ちをこめて接することができているような気がします。

ほとんど一人で来られる方はいなくて、家族が一緒についています。
本人の苦しみ、家族の苦しみ…そんな中の病状の回復はほんとにうれしいものです。
先生もどうにかして少しでも良くなってもらいたいと言う気持ちが伝わり、研究も日夜されていて尊敬できるので、私もできる範囲で先生の補助をしていきたいと思います。

疲れももちろんありますが、昨日今日とオフなので家のことをしたりおでかけできたりとめりはりがつくし、日にち的には丁度良いです。
何より精神的にお仕事をしているという充実感があり、将来に向けて少し道が開けてきたようでうれしいです♪
[PR]

# by kosumosu0824 | 2010-10-07 08:47 | 日記

新しい一歩。

昨日から10月になり、新しい一歩を踏み出しました。

引っ越しが一段落して始めた就職活動ですが、なんとか希望にあう所に採用してもらい…
昨日が初出勤でした。
週3日のパートなので、調整しつつ頑張ってみたいと思います。

14年ぶりぐらいの再就職なので、緊張ですが、昨日はとっても充実感がありました。
ペースさえつかめば大丈夫な感じがします。

パソコンが調子が悪くて、打っては消えが続き…
更新も滞り気味です。

迷惑メールも多いので、コメント欄は認証制に切り替えます。
すぐには反映されませんのでよろしくお願いします。

雑貨フェアの出展はしばらくお休みしますが、いろんな勉強をしてとっても楽しかったです♪
ワークショップしたヨーヨーキルトはこちら。
楽しんで頂けて良かったです。
d0147502_121204.jpg

[PR]

# by kosumosu0824 | 2010-10-02 12:13 | 日記
line

手作り日記***手作りの楽しさを伝えたい♪


by kosumosu0824
line