父へのベスト

今年も残り少なくなり、皆さん慌ただしい日々を過ごしていることと思います。

父の事を書かせて下さい。

私事ですが、12月10日に父が亡くなりました。
その前の週末に、妹から「話ができるのもあとどれくらいかわからないから、
来た方がいいかも…」との連絡があり、父に会いに行きました。

思ったより元気そうで、でも…東京と九州と離れているから、最後は間に合わないかもしれないと
父とじっくり話をすることができました。
東京に帰らないといけない時間になり、私は離れがたくいつまでも泣いていました。

父は、「もう泣かんでもいいよ。ありがとう」と言ってくれました。
「そうだね、又会えるから笑顔でね!」と言い、笑顔で別れました。
それから、数日後のことだったので、ほんとに良いタイミングで父に会えたことが
本当に感謝でした。

最後まで毅然としていた父で、とても安らかだったことを聞き、悲しみの中にも心は穏やかです。

でも、父に頼まれていたベストは、間に合わなくて。。。
それがとても心残りだったのですが、天国でいっぱい着てね!!となんとか形になったベストを
ひつぎに一緒にいれました。

一昨年は、父も母も試練の時で、二人のうちどちらかが亡くなってもおかしくない
状況でしたが、乗り越えてくれて、
それから、普通に二人で生活できたこの一年は神様からのプレゼントだったと思っています。

父は、いろんな病気を抱えていて目がほとんど見えなかったので、母がいつもぴったりと寄り添っていました。
母がずっと付き添い、穏やかな最期が迎えられ父は幸せです。

喪中葉書は間に合いませんので、年明けに寒中見舞いでお出しする予定です。

皆さんには、大変お世話になりました一年でした。
良いお年を迎えられますように、お祈りいたします。
[PR]

by kosumosu0824 | 2010-12-18 17:41 | 日記
line

手作り日記***手作りの楽しさを伝えたい♪


by kosumosu0824
line